過去の日記

2021/06/16(木)
明日の「関西街角再発見」では、柏原ぶどうの話をします


NHKラジオ第1「関西ラジオワイド」の番組中の
「関西街角再発見」に、明日6月17日(木)に出ます。
放送時刻は午後4時30分〜50分頃の予定です。

今回は、大阪府柏原市です。
7年前に大阪デザインセンターのデザインビジネス塾
「co-design」で、柏原ぶどうの6次産業化提案をした時に
よく足を運んでいたのですが、今回改めてヒアリングに。
最近は、若手農家が切磋琢磨しつつ、
柏原ぶどうのブランド化に取り組んでいる、
という話を伺いました。
https://yaruyan.osaka/879/2/

また2019年の「G20大阪サミット」の夕食会で
カタシモワイナリーのワインが7種類採用されたことで、
ワインの認知度もさらに上がってきているそうです。

明日は、そんな話をしてきます。
お時間とご興味がありましたら、お聴きください。


2021/06/16(水)
6/17(木) 超初心者向け英語サロン


直前告知ですが、あす6/17(木)18:30よりコモンカフェで
「超初心者向け英語サロン」を開催します。参加無料。

今回も、英語の文章を持ち寄り、読み合います。
興味ありましたら、ご連絡ください。


そして21(月)のリマインダー告知を。

うめきたTalkin’About「奈良県吉野町・殿川地区の将来像を描く」
 2021年6月21日(月)7pm〜9pm
場所:大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所 都市魅力研究室 
 話題提供:吉村耕治氏(クラフトワーク) 参加無料

 殿川地区は奈良県吉野町北部の山間部にあります。戦地から引き揚げた人や都市部の被災者が入植する開拓村として1947年に入植が始まり、最盛期には34軒100人以上が暮らしていました。ブドウやモモ、ナシ、リンゴといった果樹栽培が根付き、地元に伝わる「殿川音頭」には、春にリンゴが花を咲かせる様子が歌われていました。ですが20数年前の台風で果樹栽培は大きな被害を受け、その後後継者難などから果樹はスギやヒノキに植え替えられました。集落では現在、8軒に14名が暮らしています。

 まちづくりコンサルタントの吉村耕治さんは、吉野町の地域おこし協力隊で3年間勤めた後、2014年に同じく吉野町の地域おこし協力隊だった妻の寿代さんと殿川地区に定住。電気工事業を生業としつつ地区の活性化に取り組んでいます。集落では現在、小水力発電やリンゴの植林、山椒の特産品化、ジビエの加工場建設、コワーキングスペースの開設計画などが進められています。

 今回のTalkin'aboutでは、吉村さんに殿川地区の状況についてご紹介いただき、参加者全員で殿川地区の将来像について話し合います。

※同イベントは、ZOOM併用で開催いたします。参加を希望される方は、info@talkin-about.com までご連絡ください

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 うめきたTalkin’Aboutは、あるテーマについて興味・関心を持った人たちが集い語り合うサロンです。思いある人たちが自由に集い、情報を交換し、ネットワークを広げ、そこから自然なかたちで新しいアイデアやコラボレーションが生まれていく、そうした場づくりを目指しています。

【会 場】
 大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所 都市魅力研究室 グランフロント大阪北館 タワーC 713
 ●JR大阪駅、地下鉄・阪急梅田駅より徒歩8分
 *北館1FよりタワーC入口に入り、奥にあるAエレベーターで7階にお上がりください。

【お問い合わせ】
 大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所 都市魅力研究室
 担当:山納 Tel 06-6205-2366




2021/06/15(火)
スイスク


関西・大阪21世紀協会にいた時の同僚に
岸田俊徳さんがいました。
もともとは劇団の主宰で、トリイホールの小屋付きになり、
イベントの企画などもしていたと思いますが、
2007年から3年間、有期雇用の形で21協に入られました。
https://www.nakanoshima-style.com/walk/6160

この時のメンバーには、岸田さんの他にも、
姫路でガハハゲストハウスを営む松岡京子さんや、
enocoでプログラムディレクターをしている
古谷晃一郎さんなど面白い方々が多く、
組織自体には色々あったものの楽しい3年間を過ごしました。

岸田さんは、その3年間が終わった後、
京阪電鉄から21協に出向で来ていた方のお誘いで
京阪水上バスという会社に入りました。
大阪市内で観光船を運航している会社です。
実績を積み、今は企画宣伝部課長をされているのですが、
そんな岸田さんから、学習船企画を立ち上げるので手伝って
との依頼をいただきました。

「スイスク」と名付けられたこの企画では、
京阪水上バスのクルーズ船「ひまわり」に乗船し、
八軒家浜から毛馬閘門を越えて赤川鉄橋までを往復する間に
水辺の歴史、生き物、まちづくり、防災、船の
5つのテーマについて、各分野の専門家から学びます。
https://suijo-bus.osaka/cruiselist/detail.php?seq=222

僕の担当は「まちづくり」で、
8/7(土)、9/11(土)、11/21(土)にやります。
水辺を活用したイベントや情報発信、船上での楽しみ方を
お伝えすることになっているので、
おそらくそういうTalkin'Aboutを船の中ですると思います。

他のテーマも含めて、興味ありましたら、ご参加ください。


2021/06/15(火)
Walkin’About @ポートアイランド


次回のWalkin’Aboutは、ポーアイです。
集合・再集合は市民広場駅ですが、視野を広く持って探ると
いろいろ見えてきそうです。

自分が行きたい場所を訪ねるまちあるき「Walkin’About @ポートアイランド」

 開催日:2021年7月3日(土)
 集合時間・場所 14:00 @ポートライナー・市民広場駅改札前
 再集合時間・場所 16:00 同上 

 ポートアイランドは三宮の南、神戸空港の北に位置し、「神戸海上新都心地区」として、港湾機能だけでなく住宅や商業等の総合的機能を持たせた海上文化都市として1966年に開発が始まりました。
 キャッチコピー「山、海へ行く」のもと、六甲山地の土砂で瀬戸内海の一部を埋め立てるという方法で造成され、第1期工事が竣工した1981年には街びらきに合わせ、神戸ポートアイランド博覧会(ポートピア'81)が開催されました。

 1987年には南側の第2期地区の建設がスタート。同地区は1998年に「神戸医療産業都市 (KBIC)」に指定され、国内最大級の医療クラスターとして開発が進められました。次世代スーパーコンピュータ「京」および富岳の誘致に成功するなど、研究ゾーンとしての注目も浴びています。港湾機能では「スーパー中枢港湾/ハイパー中枢港湾」の「次世代高規格コンテナターミナル」に指定され、阪神・淡路大震災により一時は取扱量が減少していたものの、震災前の水準を超えて年々取扱量が増加しています。

 商業面だけでなく、教育面でも先進的な取り組みが行われています。2002年には「神戸ポートアイランド西地域」が都市再生緊急整備地域に指定され、4大学のキャンパスの開園へと再開発が行われたことを機に大学や高校が増加、神戸市内有数のキャンパスゾーンを形成しています。2016年にはこれまでの小中一貫教育の取り組みが制度面で認められ、日本初となる義務教育学校が設立されました。

 1995年に発生した阪神・淡路大震災では液状化現象などにより甚大な被害を受けましたが、迅速な復旧により震災を乗り越え、街びらきから30年が経ち、新たな街づくりが始められています。

 今回はこの街を、みなさんの視点で切り取っていただきます。

✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪✪
 “Walkin’About”は、参加者の方々に思い思いのコースをたどっていただく“まちあるき”です。
参加者の方々は、集合場所でエリアについての説明を受けたあと解散。約90分後に再び集合いただき、それぞれの見聞や体験をシェアします。

【主催・お問い合わせ】大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所 都市魅力研究室 担当:山納  Tel 06-6205-2366   http://www.toshimiryoku.jp


2021/06/14(月)
十三を探る(5)


書くべきことは色々あるのですが、
まずは十三の話のクロージングを。

阪急十三駅を東に出て、商店街を途中で右に曲がり、
淀川通りを渡ったところには、淀川区役所がありましたが、
その跡地と、民間事業者の用地を一体活用して、
分譲住宅、図書館、スーパーマーケット、学校、
保育・学童施設を備えた複合施設が開発されます。
開発主体は、阪急阪神不動産と高松建設です。

市立図書館の隣にな、学校施設を一般開放した
地域の人々のコミュニケーションスペース
「みんなで育てるライブラリー」が開設されます。
オープンは2026年になる見込みです。
https://kansai-sanpo.com/jyuso40f-10/

いまは写真のように更地になっていますが、
4年後には風景は大きく変わります。
新大阪・十三・うめきた2期が阪急連絡線でつながることで、
十三のポテンシャルは大きく高まっていることでしょう。

このまちが、どう変わっていくのか。
興味ありましたら、定点観測してみてください(おわり)。


2021/06/14(月)
豊岡・市民演劇プロジェクト


JR豊岡駅前の商業施設「アイティ」にある
豊岡市民プラザでは、2016年から、
南河内万歳一座・座長の内藤裕敬さんを作・演出に迎え、
公募市民と、関西小劇場界の俳優とが共演する
市民演劇プロジェクトを継続されています。

同プロジェクトでは今年度から、
OMS(扇町ミュージアムスクエア)戯曲賞を受賞した作家が、
豊岡の歴史や、豊岡にゆかりある人物などをテーマに
作品を書き下ろし、内藤さんが演出する形に発展します。

大阪ガスでは、関西に実在した人物や、
実際に起こった出来事をもとに、OMS戯曲賞の最終選考に
残った作家さんに朗読劇・ラジオドラマを書き下ろし、
上演いただくシリーズ「イストワール histoire」を
続けてきましたが、今年から、そのノウハウを活かして、
市民演劇プロジェクトのお手伝いをすることになりました。

新・市民演劇プロジェクト第1弾となる今回は、
虚空旅団主催の高橋恵さんによる『村を育てる』。
但東町出身の教育者・東井義雄さんを、
生徒や保護者、同僚の教師らの視点で描きます。

6/12(土)は、そのオーディションと取材で豊岡へ。
*公演は9/4(土)19:00 / 5(日)14:00に行われます。
 http://platz-npo.com/12nenkan/index.html

東井義雄さんは、谷あいの小さな農村で
綴り方教育に力を入れ、その実践を通じて、
生活の貧しさゆえに心まで貧しくなってしまっていた
子どもたちや大人たちに、教育と生きがいを与えた方です。
https://toui-yoshio.org/hana

今回は、但東町にある東井義雄記念館と、
東井さんの自宅であった東光寺を訪ねてきました(つづく)。


2021/06/12(土)
とど兵


今朝は豊岡へ。

カバンストリートとして有名な宵田商店街にあった、
「todo bien coffee」に入り、コーヒーをいただきつつ、
店主の小山俊和さんとお話したところ、
ここが「とゞ兵」という、築90年の老舗料亭を
再生するプロジェクトの一角にあり、
小山さん自身がプロデューサーだと分かりました。
https://todohyo.com/about

小山さんはもともと埼玉の方で、
奥さんの親戚の方が経営していた「とゞ兵」を受け継ぎ、
カフェ、ギャラリー、バー&レストラン、
カバン服飾雑貨、オフィス、コワーキングスペース
レンタルキッチン、屋外多目的スペースなどを備えた
複合文化施設として再生させました。
建物にはストリートアーティストの大山康太郎さんが描いた
コウノトリの壁画が描かれています。
昨年から始まった豊岡国際演劇祭のフリンジ公演も
ここで行われているそうです。

なぜ、今、豊岡にいるのかというと(つづく)


2021/06/11(金)
当事者ではない人は、当事者にどう寄り添えるのか?


昨夜のTalkin'About「がん経験者の視点から、新しい価値をつくる」には、
36名の方にお集まりいただきました。

大阪ガス近畿圏部に勤めていた2012年、34歳の時に、
谷島雄一郎さんはGISTというがんの宣告を受けました。
食道から肺に転移し、様々な治療を模索する日々を送り、
生活を安定させるために会社での働き方を探すようになり、
生きがいや生きた証を求めて自分にしかできないことを探し、
ダカラコソクリエイトの活動に至りました。
https://dakarakosocreate.com/about-us/

2016年に、ダカラコソクリエイトは、
がん経験者の闘病を支えてくれた言葉を、
誰でも日常で使えるようデザインしたLINEスタンプ
「癒し忍法 ニャ助とパ次郎」をリリースしました。
https://dakarakosocreate.com/nyasukeandpajiro/

昨年のコロナ禍には、がん経験者が闘病で培った
不安との向き合い方や自粛生活の工夫やアイデアを
「ニャ助とパ次郎の在宅忍法」としてリリースしています。
https://dakarakosocreate.com/stayhomeninja/

これ以外にも彼の活動は多岐にわたっていますが、
社会全体がコロナ禍を経験し、
生きづらさへの理解・共感が高まった今だからこそ
できることを、今は模索しています。

今回、お話しいただいた方々の多くは
ご自身ががんや難病の経験をされた方でした。
当事者であるところから、自分の価値づくりへと
歩みを進めていきたいという思いは
多くの方が共通して感じておられるものでした。

では、当事者ではない人は、当事者にどう寄り添えるのか?
ダカラコソでは「LINEスタンプ」などで示していますが、
励ますのではなく、当事者の苦労や思いを知ること、
私はあなたと一緒にいると伝えること、なのかなと。
その言葉をかけられなかった人たちのことを
思い出しつつ、思いました。


2021/06/10(木)
オンライン時代の場づくり


東京駅のすぐ近くにあった「TIP*S」には、
何度もイベントで呼んでいただきました。
中小機構という固そうな組織がやっているのに
入口には日本酒のボトルが並べられ、
場を取り仕切っていた岡田恵実さんは「だえみママ」と名乗り、
スナックのようなリラックスした雰囲気の中で、
いろんな立場の方々が出会い、つながる場を創り出しておられました。

そんな「TIP*S」の場は、今年3月末でなくなり、
4月からはオンライン開催に以降されています。
https://tips.smrj.go.jp/

今回は、「だえみママ」をお迎えして、
こんなテーマで話し合ってみたいと思います。
オンラインだからこその、距離を越えたつながりづくりができればと。


うめきたTalkin’About「オンライン時代の場づくり」

 2021年7月6日(火)7pm〜9pm
 場所:大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所 都市魅力研究室 
 話題提供:岡田 恵実氏(中小企業基盤整備機構 創業・ベンチャー支援部 創業・ベンチャー支援課参事)
 参加無料

 「TIP*S」は、中小機構が運営する新しい学びの場として2014年に東京・丸の内に設立されました。主に平日の夜にワークショップやイベントを開催し、中小企業と大企業、民間と公的機関、地域と都会など、垣根を越えた人と人との出会いを生み出してきました。

 合言葉にしてきたのは「対話と出会いで、一歩が変わる。」入口の棚に酒瓶を並べて“スナック”の雰囲気を醸し、何か行動したいと感じている多くの人たちに寄り添い、彼らがリラックスして集い、新たな気づきを得て、起業などのアクションを起こすのを見守ってきました。

 昨年の新型コロナ感染症の拡大以降、TIP*Sではオンラインでのワークショップをスタートし、これまでに120回を重ねてきました。そしてこの春、TIP*Sは丸の内を離れ、活動の場を完全にオンラインに移しました。人々の生活様式やコミュニケーションの形が大きく変わる中で、自分らしく生きようと模索する人たちに、より自由なやり方で寄り添うための選択です。
 
 今回のTalkin'aboutでは、“TIP*Sのママ・だえみ”こと岡田恵実さんに登場いただきます。TIP*Sでのこれまでの実践についてお話を伺い、そこからリアルとオンラインでの場づくりについてみんなで話し合います。

※同イベントは、ZOOM併用で開催いたします。参加を希望される方は、info@talkin-about.com までご連絡ください
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

うめきたTalkin’Aboutは、あるテーマについて興味・関心を持った人たちが集い語り合うサロンです。思いある人たちが自由に集い、情報を交換し、ネットワークを広げ、そこから自然なかたちで新しいアイデアやコラボレーションが生まれていく、そうした場づくりを目指しています。

【会 場】
 大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所 都市魅力研究室
グランフロント大阪北館 タワーC 713
 ●JR大阪駅、地下鉄・阪急梅田駅より徒歩8分
 *北館1FよりタワーC入口に入り、奥にあるAエレベーターで7階にお上がりください。

【お問い合わせ】
 大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所 都市魅力研究室
担当:山納 Tel 06-6205-2366


2021/06/09(水)
十三を探る(4)


阪急十三駅から北に、阪急神戸線に沿って進むと、
阪急給食センター、いいなダイニング、阪急阪神電気システム、
阪急バス大阪営業所と続きます。
国道176号線に沿って東に進むと、阪急百貨店商品センター、
阪急インテリアスタジオ館の大きな建物に出会います。
そこから北上する176号線に沿って山陽新幹線の高架をくぐり、
東に進むと、高架の北側には新大阪駅まで駐車場が続きます。
この駐車場を保有しているのは阪急阪神グループで、
新大阪駅まで行くと、駅の北側に新大阪阪急ビルが聳えています。

つまり、阪急十三駅からJR・大阪メトロ新大阪駅へは
ほぼ阪急阪神グループの土地の上を歩いて行けるのです。

お察しの通り、阪急電鉄には、
新大阪駅と十三駅を結ぶ構想があります。
またそれだけでなく、2023年にJR大阪駅の北側にできる
なにわ筋線の北梅田駅(仮称)と十三駅とを結ぶ構想もあります。
なにわ筋線はJR難波駅・南海新今宮駅と北梅田駅を結び、
関空と直結することになる路線ですが、
阪急はこの北梅田駅と十三駅、新大阪駅を結ぼうとしています。
https://news.mynavi.jp/article/railwaynews-197/

こういう構想を支えるための準備は、
長い時間をかけて、地道に行わているんですね。
ほとんど感動しながら歩いてきました(つづく)。


 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
shiromuku(hu1)DIARY version 3.10