過去の日記

2018/09/21(金)
渾然一体問題


ケンブリッジに来た当初は、お店に行くのが苦痛でした。
店員が何を言っているのか分からないからです。

この「分からない」には、「言葉が分からない」と、
「従っているシステムが分からない」とがあり、
それが渾然一体となってやって来ます。

カフェに入ると、まず「For here, to go?」。
「店内?テイクアウト?」ということですが、
慣れていないと固まります。

スーパーでは「You need a bag?」と聞かれます。
「Yes」と答えると袋に入れてくれて、5セントほど取られます。
「No」と答えると、自分のカバンに入れて帰ることになります。
そして次回からは、マイバッグを持参するようになります。

お金を払うのに、どれが5セント、どれが10セント、
どれが25セントかが分からないので、
「2ドル39セント」と言われて固まります。

そのため、アメリカで口座を開いてからは
もっぱらデビットカードで支払っていますが、
「You need cashback?」と聞かれて、また固まります。

これは金額を指定すると、その額を一緒に口座から
引き落として、現金を渡してくれるというシステムです。
実は便利なので、最近よく使っています。

こういう渾然一体問題に疲れていた頃に、
セルフレジがあったので、そっちを選んだところ、
前のお客が残していた情報を決済してしまい、
あわてて店員に取り消しを依頼したことがあります。

その店員は、レシートを持って一緒に店内を回り、
前のお客が買おうとしていたものをピックアップして
レジマイナスの手続きをしてくれました。
「この人、レッドブルばかり買おうとしてたのね」と笑いながら。

この種のストレスからはそろそろ解放されつつありますが、
こんな苦しみがあったことを忘れないように、メモ。


2018/09/19(水)
譲られる服


ケンブリッジは学生街なので、毎年やって来る学生と、
卒業して出ていく学生がいますが、この街では、
出て行く人たちが家具や電化製品や洋服などを
譲って出て行くという振る舞いが、普通にあります。

9月初めの新学期には、ハーバードの校庭に、
冷蔵庫やソファや絨毯がいっぱい並べられていました。
うちのアパートの前には「TAKE FREE」と書かれた紙袋があり
パスタ、オリーブオイル、鍋などが入っていました。

ときどき、道に服が落ちていることがあります。
この写真のように、ちゃんと畳んで置いてあると
譲り物だろうと思えるのですが、この間は
道に無造作にグレーのセーターが落ちていて、
見てみると商品タグが付いていました。
買うかもらうかして、着なかったのでしょう。
面白いので持って帰って洗濯してみました。

そんな感じなので、古着は安く手に入ります。
この古着屋の1階では、1ポンド(450g)2ドルで
量り売りをしていて、若い子たちに人気です。
https://garmentdistrict.com/

家賃と外食費は高いのですが、だからこそでしょうか、
生活費を安くするための知恵とシクミが充実している街です。





2018/09/18(火)
街の見巧者
今朝の京都新聞の「凡語」で、
Walkin'Aboutのことを紹介いただきました。
https://www.kyoto-np.co.jp/info/bongo/index.html

紹介いただいたものの、日本で開催できるのは、
来年7月以降になってしまいますが…


2018/09/17(月)
TREMONT ST BLOCK PARTY


今日はボストン3週目の日曜日。近所の教会に行く途中で、
「TREMONT ST BLOCK PARTY」と書かれたポスターを見つけました。

行ってみると、持ち寄りパーティが開かれていました。
テーブルも椅子も料理も、すぐ前の住民が持ち寄り、
集まった人たちで食べながら喋るというシンプルスタイル。
"Why don't you join us?"と気軽に誘ってもらえたので、
輪の中に入り、話を聞いていました。

トレモント通りのこのイベントは、毎年春と秋に開催され、
もう20年近く続いているそうです。
もともとは家の敷地の中で行っていたものを、
ケンブリッジ市の『MEET YOUR NEIGHBOR DAY』という
傘の下に入ることで、往来を止めて、
路上で開催できるようになったようです。

僕が耳にしたのは、並べてある料理や今読んでいる本の話、
近所にある料理屋の話、フットボールの今年の見どころ、
あの人は最近どうしている、ニューヨークに住む娘の話、
2年前に降った大雪の話など、とりとめのないご近所話です。

「うちの旦那、料理好きはいいけど、作り過ぎるのよね」
「あの人、本を貸してくれたけど、『あたなにはこれ』って
 なんかむきになってたわよね」
奥さんたちの無邪気な噂話にニヤニヤしながら
その場の雰囲気を楽しんでいました。

Meet Your Neighbor Day
https://www.cambridgema.gov/Departments/peacecommission/meetyourneighborday


2018/09/16(日)
Gas Explosions, Fires In Massachusetts(6)


ローレンス、アンドーバー、ノースアンドーバーでは現在、
コロンビアガスの方々が、ガスと電気の復旧に向けて、
懸命に作業を続けておられます。

今回の爆発や火災で亡くなられた方の
ご冥福をお祈りするとともに、
被害に遭われた方々に対し、お見舞いを申し上げます。
多くの方々の生活が、早く元通りになることを期待して、
このレポートを締めくくりたいと思います。


2018/09/16(日)
Gas Explosions, Fires In Massachusetts(5)


マリメック川の北側では、電気もガスも供給されており、
お店が普通に営業されていました。
スーパーや飲食店には、多くの方が食料や昼ご飯を
買いにきていて、車も普通に走っていました。

さらに北に進んでいくと、街の雰囲気がカリビアンになります。
個人経営の床屋や洋服屋やネイル屋、食料雑貨店が並び、
街で聞こえてくるのはスペイン語です。

その食料品店に入ると、中はイートインスペースで、
ご飯に煮込み料理をかけて出していました。
一番小さなご飯に、ホルモンの煮込みを頼むと3ドル(これが美味しい)。
僕以外のお客さんはすべてヒスパニック系で
子どもにご飯を食べさせていたり、
仕事中に昼食に来たりしていました。

もともと産業革命期に移民を受け入れて
発展してきたローレンスには、1960年代から
キューバ、プエルトリコ、ドミニカ共和国など
ラテンアメリカ諸国からの移民が入ってきました。
安い住宅費と移民に寛大な気風が彼らを惹きつけましたが、
1984年には、白人労働者とヒスパニックの若者の間で
対立が深まり、暴動に発展しました。
そして2010年には、ヒスパニック系の人口は
ローレンス全体の74%を占めるまでになっています(以上、Wikipediaより)。

郊外に存在するために、現在のローレンスは、
とても見えにくい存在になっています。
今回の爆発がなければ、僕も行くことはなかったかと。
このまちにどんな人たちが住んでいて、どんな産業があり、
インフラは、コミュニティはどういう状態にあるのか、
そういうことが、とても気になるようになりました。


2018/09/16(日)
Gas Explosions, Fires In Massachusetts(4)


マリメック川南側の住宅地近くには
家に住めなくなり、街角でたたずむ人たちがいました。
また住めるけれど、お店がすべて閉まっているので、
川の北側に買い出しに行く人たちが列をなしていました。

あまり寄った写真ではないので分かりにくいですが、
はっきりと分かるのは、白人がほとんどいないということです。


2018/09/15(土)
Gas Explosions, Fires In Massachusetts(3)


19世紀半ばに工業のためのインフラが整ったことで、
ローレンスには、工場所有者と労働者が集まり、
工場建設が始まりました。建設に当たったのは、
主にアイルランドからの労働者でした。
そして完成した工場には、ヨーロッパやカナダからの移民、
ニューイングランドの農園の少女などが働き手として集まりました。

今回のガス爆発が起こったマリメック川南側の丘陵地は、
もともとはこれらの工場の労働者向けの住宅地として
開発されているようです。開発時期は分かりませんが、
インフラ整備はかなり昔になされているようで、
今回の事故では、ガス管の老朽化が指摘されています。



2018/09/15(土)
Gas Explosions, Fires In Massachusetts(2)


ローレンスは、ボストンから北に40kmのところにあり、
MBTAという鉄道では、ボストンから55分かかります。

その情報だけだと、ボストンの人口増にともない
開発された郊外住宅地だと思えます。
行ってみても、ゆったりと建てられた邸宅が
並んでいるのでそう思えてしまうのですが、
地域の真ん中を流れているマリメック川を見てみると、
ここが産業革命期に工業で興った街だと分かります。

調べてみると、このグレート・ストーン・ダムは、
1840年代に開削され、水力発電による電力を活かして、
毛織物加工の中心地となっていた、と分かりました。


2018/09/15(土)
Gas Explosions, Fires In Massachusetts(1)


日本でもニュースで流れていたようですが、
昨日13日(木)夕方に、マサチューセッツ州の北の方の、
ローレンス、アンドーバー、ノースアンドーバーで、
70ヶ所でガス爆発が起こりました。
https://www.npr.org/2018/09/13/647621382/multiple-explosions-and-fires-reported-across-3-massachusetts-towns-at-least-3-i

今日は講義がなかったので、現場に向かいました。
ボストンの北駅からローレンス方面の電車に乗りましたが、
鉄道は途中のレディングまでしか行かず、
そこからはuberを使って車でアンドーバーまで行き、
現場近くまで歩きました。

これらの地域では現在、ガス、電気の供給が止まり、
住民は避難を要請されています。
当然ながら、お店はすべて閉店していました(つづく)。


 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
shiromuku(hu1)DIARY version 3.10